大株主

株主 保有割合 最新の開示
保有割合5%超の大株主
[E31431] 京橋興産 41.26%(同) 22/01/26
・共同 [E31431] 京橋興産 40.07%(同) 22/01/26
・共同 [E31527] 個人株主 1.19%(同) 22/01/26
[E05235] ケネディクス 15.02%(0.66pt↑) 21/10/22
[E35873] ヴァレックス・パートナーズ 6.57%(1.04pt↑) 21/07/02
[E31277] ユナイテッド・マネージャーズ・ジャパン 5.93%(△0.08pt) 22/11/21
--- 以下、保有割合5%以下 (報告義務がなくなっている株主) ---
[E21867] カバウター・マネージメント・エルエルシー 4.00%(△1.09pt) 21/04/27

コーポレート・ガバナンス

経営管理組織その他
組織形態
監査等委員会設置会社
社外取締役の選任状況
選任している
取締役の人数
12 名
社外取締役の人数
5 名
社外取締役のうち独立役員の人数
4 名
買収防衛策の導入の有無
取締役へのインセンティブ施策の状況
ストックオプション制度の導入、その他
現状のCG体制を選択している理由
 当社は、2015年10月29日開催の定時株主総会をもって、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行いたしました。この移行は、監査等委員である取締役に、取締役会における議決権を付与することで、取締役会の監督機能をより一層強化するとともに、当社のコーポレート・ガバナンス体制の一層の強化を図ることを目的としております。
 事業内容及び会社規模等に鑑み、執行機能と監督・監査機能のバランスを効果的に発揮する観点から、上記のような体制が当社にとって最適であると考えております。執行役員制度を導入し、取締役会の意思決定機能及び監督機能の強化、執行責任の明確化及び業務執行の迅速化を図る一方、社外取締役を加えた取締役会による業務執行の監督機能、及び監査等委員会による監督・監査機能の整備・運用により、適切なガバナンス体制の整備を図っております。
株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に向けての取組み状況
株主総会招集通知の早期発送
株主総会招集ご通知を法定期日より前に発送しており、今後も早期発送に努めてまいります。また、第14期定時株主総会においては、株主への早期情報提供のため、招集ご通知発送に先立ち、TDnet及び当社ホームページへ招集ご通知を掲載しております。
集中日を回避した株主総会の設定
7月期決算であるため、定時株主総会は10月下旬に開催しております。そのため、集中日での開催は回避できていると考えております。
電磁的方法による議決権の行使
インターネットによる議決権の行使を2021年10月開催の第13期定時株主総会から採用しております。
機関投資家の議決権行使環境向上への取組み
議決権電子行使プラットフォームの利用を2021年10月開催の第13期定時株主総会から開始しました。
招集通知(要約)の英文での提供
2022年10月開催の第14期定時株主総会より、招集ご通知の英文サマリの開示を始めました。
IRに関する活動状況
ディスクロージャーポリシーの作成・公表
IRポリシーを制定し、当社ホームページにて公表しております。
個人投資家向けに定期的説明会を開催
適宜開催しております。
アナリスト・機関投資家向けに定期的説明会を開催
代表取締役社長が出席する決算説明会(動画配信含む)を半期ごとに開催しております。
海外投資家向けに定期的説明会を開催
(記載なし)
IR資料のホームページ掲載
当社ホームページ内にIR情報のページを設け、適時開示資料、有価証券報告書、四半期報告書、決算説明会資料等を掲載しております。なお、海外投資家向けにも英語版の資料を掲載しております。
IRに関する部署(担当者)の設置
法務IRチームが担当しております。
その他
(記載なし)
直前事業年度末における規模
(連結)従業員数
100人以上500人未満
(連結)売上高
100億円以上1000億円未満
連結子会社数
10社以上50社未満
資本構成
外国人株式保有比率
20%以上30%未満
支配株主(親会社を除く)の有無
親会社の有無
親会社名
(記載なし)