大株主

株主 保有割合 最新の開示
保有割合5%超の大株主
[E37218] 個人株主 17.41% 21/11/12
・共同 [E37218] 個人株主 16.96% 21/11/12
・共同 [E37219] Kawase&Co.合同会社 0.46% 21/11/12
[E12481] フィデリティ投信 9.99% 21/11/22
[E38075] 農林中金キャピタル 7.76% 22/12/09
--- 以下、保有割合5%以下 (報告義務がなくなっている株主) ---
[E10802] モルガン・スタンレーMUFG証券 4.40%(△1.13pt) 22/02/07
[E06228] 大和証券 0.80%(△5.18pt) 21/12/21
・共同 [E06228] 大和証券 0.00%(△5.18pt) 21/12/21
・共同 [E31720] 大和企業投資 0.80%(同) 21/12/21
[E08480] 農林中央金庫 0.00%(△7.83pt) 22/12/20

コーポレート・ガバナンス

経営管理組織その他
組織形態
監査役設置会社
社外取締役の選任状況
選任している
取締役の人数
5 名
社外取締役の人数
1 名
社外取締役のうち独立役員の人数
1 名
買収防衛策の導入の有無
取締役へのインセンティブ施策の状況
ストックオプション制度の導入
現状のCG体制を選択している理由
当社は、監査役会設置会社としてコーポレート・ガバナンス体制を構築しております。この体制により経営の最高意思決定機関である取締役会に業務執行の権限・責任を集中させ、業務執行又は取締役から独立した監査役及び監査役会に、取締役会に対する監査機能を担わせることで、適切な経営の意思決定と業務執行を実現するとともに組織的に十分牽制の効くコーポレート・ガバナンス体制の確立を目指しております。
株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に向けての取組み状況
株主総会招集通知の早期発送
早期発送に努めるとともに、当社ホームページに掲載する予定であります。
集中日を回避した株主総会の設定
より多くの株主の皆様にご参加いただけるよう、可能な限り集中日を避け、アクセスの良い場所にて開催してまいります。
電磁的方法による議決権の行使
将来的に必要であると判断した場合に採用を検討してまいります。
機関投資家の議決権行使環境向上への取組み
将来的に必要であると判断した場合に採用を検討してまいります。
招集通知(要約)の英文での提供
将来的に必要であると判断した場合に採用を検討してまいります。
IRに関する活動状況
ディスクロージャーポリシーの作成・公表
ディスクロージャーポリシーを作成し、ホームページ上において公表しております。
個人投資家向けに定期的説明会を開催
決算説明会を行うことを検討しております。
アナリスト・機関投資家向けに定期的説明会を開催
原則、第2四半期決算及び年度決算終了後の決算説明会を定期的に開催することに加え、機関投資家とは個別ミーティングを実施しております。
海外投資家向けに定期的説明会を開催
IR資料のホームページ掲載
当社のホームページ内にIR専門サイトを開設し、情報を速やかに発信できる体制を構築しております。
IRに関する部署(担当者)の設置
代表取締役をIR・情報開示の最高責任者とし、CFOをIR活動の推進責任者とし、経営管理部をIR活動担当部署としております。
その他
(記載なし)
直前事業年度末における規模
(連結)従業員数
100人以上500人未満
(連結)売上高
100億円未満
連結子会社数
10社未満
資本構成
外国人株式保有比率
10%以上20%未満
支配株主(親会社を除く)の有無
親会社の有無
親会社名
(記載なし)