大株主

株主 保有割合 最新の開示
保有割合5%超の大株主
[E12208] FMR LLC 9.70%(1.21pt↑) 22/09/07
・共同 [E26104] ナショナル ファイナンシャル サービス エルエルシー(National Financial Services LLC) 0.00% 22/09/07
[E09096] ブラックロック・ジャパン 6.49%(1.44pt↑) 20/12/04
・共同 [E09096] ブラックロック・ジャパン 1.23%(△0.29pt) 20/12/04
・共同 [E20330] ブラックロック・ファンド・マネジャーズ・リミテッド(BlackRock Fund Managers Limited) 0.26%(0.14pt↑) 20/12/04
・共同 [E20342] ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エー(BlackRock (Luxembourg) S.A.) 0.75%(0.09pt↑) 20/12/04
・共同 [E26295] ブラックロック・ライフ・リミテッド(BlackRock Life Limited) 0.11% 20/12/04
・共同 [E20034] ブラックロック・アセット・マネジメント・カナダ・リミテッド(BlackRock Asset Management Canada Limited) 0.10% 20/12/04
・共同 [E24803] ブラックロック・アセット・マネジメント・アイルランド・リミテッド(BlackRock Asset Management Ireland Limited) 1.09%(0.35pt↑) 20/12/04
・共同 [E08473] ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ(BlackRock Fund Advisors) 1.33%(0.40pt↑) 20/12/04
・共同 [E08507] ブラックロック・インスティテューショナル・トラスト・カンパニー、エヌ.エイ.(BlackRock Institutional Trust Company, N.A.) 1.18%(0.21pt↑) 20/12/04
・共同 [E20332] ブラックロック・インベストメント・マネジメント(ユーケー)リミテッド(BlackRock Investment Management (UK) Limited) 0.43%(0.32pt↑) 20/12/04
[E03532] みずほ銀行 6.21%(△1.43pt) 22/12/22
・共同 [E03532] みずほ銀行 1.33%(0.01pt↑) 22/12/22
・共同 [E03628] みずほ信託銀行 2.20%(△1.53pt) 22/12/22
・共同 [E10677] アセットマネジメントOne 2.67%(0.08pt↑) 22/12/22
--- 以下、保有割合5%以下 (報告義務がなくなっている株主) ---
[E12444] 三井住友トラスト・アセットマネジメント 4.98%(△0.03pt) 22/11/07
・共同 [E12444] 三井住友トラスト・アセットマネジメント 3.54%(同) 22/11/07
・共同 [E12430] 日興アセットマネジメント 1.44%(△0.03pt) 22/11/07
[E12481] フィデリティ投信 4.65%(△1.01pt) 20/01/22
保有割合5%超
9.70%(1.21pt↑) - 22/09/07
[E12208] FMR LLC
6.49%(1.44pt↑) - 20/12/04
[E09096] ブラックロック・ジャパン
6.21%(△1.43pt) - 22/12/22
[E03532] みずほ銀行
保有割合5%以下 (報告義務なし)
4.98%(△0.03pt) - 22/11/07
[E12444] 三井住友トラスト・アセットマネジメント
4.65%(△1.01pt) - 20/01/22
[E12481] フィデリティ投信

コーポレート・ガバナンス

経営管理組織その他
組織形態
指名委員会等設置会社
社外取締役の選任状況
(記載なし)
取締役の人数
12 名
社外取締役の人数
8 名
社外取締役のうち独立役員の人数
8 名
買収防衛策の導入の有無
取締役へのインセンティブ施策の状況
業績連動報酬制度の導入
現状のCG体制を選択している理由
azbilグループは、オートメーションに関わる製品・サービスの提供を通じて持続可能な社会へ「直列」に貢献し、成長を目指す「長期目標(2030年度)」及び「中期経営計画(2021~2024年度)」を策定し、「人を中心としたオートメーション」のグループ理念のもと、自らの中長期的な発展を確実なものとし、企業価値の持続的向上を進め、同時に、持続的な企業価値向上の基盤としてのコーポレート・ガバナンスの充実を経営の重要課題と認識し、取締役会の監督・監査機能の強化、経営の透明性・健全性の強化、執行の責任体制明確化等に取り組んでおります。このたび、当社は、2022年6月23日開催の第100期定時株主総会において定款変更議案が承認されたことに伴い、監査役会設置会社から指名委員会等設置会社へ移行いたしました。
 指名委員会等設置会社への移行に伴い、過半数の社外取締役によって構成される指名委員会、監査委員会、報酬委員会の3つの委員会を設置し、かつ取締役会から法的に明確な責任を負う執行役に大幅に業務執行権限を委譲することで監督機能と執行機能の明確な分離を進め、機動的かつ効率的な意思決定に基づく執行体制を確保すると同時に、より客観的な経営の監督機能を高めてまいります。
こうした考え方にもとづき、その中心的役割を担う取締役会においては、2022年6月23日現在、取締役総数は12名であり、取締役会における社外取締役の割合は過半数に達しており、国際性やジェンダー等の多様性に富んだ構成となっております。
株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に向けての取組み状況
株主総会招集通知の早期発送
おおむね法定日の7日前に発送しております。
集中日を回避した株主総会の設定
2022年6月23日に第100期定時株主総会を開催いたしました。
電磁的方法による議決権の行使
インターネットによる議決権行使サイトを導入しております。
機関投資家の議決権行使環境向上への取組み
機関投資家向け議決権電子行使プラットフォームを利用しております。
招集通知(要約)の英文での提供
外国人株主向けに英文での株主総会招集通知を当社ホームページ及び東京証券取引所ホームページに和文の招集通知と同時に掲載しております。
IRに関する活動状況
ディスクロージャーポリシーの作成・公表
当社は、ディスクロージャーポリシーを策定しており、当社のホームページ
https://www.azbil.com/jp/ir/management/disclosure/index.html )に掲載しております。
個人投資家向けに定期的説明会を開催
(記載なし)
アナリスト・機関投資家向けに定期的説明会を開催
年2回定期的に決算、経営戦略を代表執行役社長、コーポレートコミュニケーション担当役員からアナリスト、メディア記者に説明しております。
海外投資家向けに定期的説明会を開催
定期的に決算、経営戦略を代表執行役社長、コーポレートコミュニケーション担当役員から海外投資家に説明しております。
IR資料のホームページ掲載
https://www.azbil.com/jp/ir/index.html
有価証券報告書、決算短信、決算説明会資料、事業報告書、azbilレポート、Fact Book、株主総会招集通知、決議通知等を掲載しております。
IRに関する部署(担当者)の設置
担当部署:グループ経営管理本部 IR室
担当役員:取締役代表執行役専務 横田隆幸(コーポレートコミュニケーション担当)
その他
(記載なし)
直前事業年度末における規模
(連結)従業員数
1000人以上
(連結)売上高
1000億円以上1兆円未満
連結子会社数
10社以上50社未満
資本構成
外国人株式保有比率
30%以上
支配株主(親会社を除く)の有無
親会社の有無
親会社名
(記載なし)